LINEでお問合せ イベント情報 お問い合わせ

現場日記

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
来店予約キャンペーン イベント情報 イワサキホーム

リノベーションを検討中の方

新築と中古リノベ どっちが良いの? 物件探しからはじめたい! インスぺクション 中古住宅リノベーションって?

長泉町下長窪マイホーム注文住宅工事で、今回は、均し(ならし)=(捨て)コンクリート打ち です

 

地盤を掘削して基礎のもとになる部分と耐圧盤(たいあつばん)

 

(地盤からの反力を受け、その圧力に耐える頑丈な盤)部分の高さを決めていきます。

ここでランマ―と言う機械でしっかり転圧をして締固めます。

転圧をしっかりして防湿シートを敷いて行きます。

それができると、次はベース部分(基礎の立ち上がりが来る部分)に

捨て(均し)コンクリートを打ちます。

これはまだまだ構造部分ではなく、基礎をしっかり造るための準備

と考えてください。

コンクリートの部分にスミだしをして位置を決めていきます。

 

 

このコンクリートが、高さの基準になりここからすべての高さが決まってきます。

 

均しコンクリートが打ち終わると、スミを出していき、型枠をセットしていきます。

この時点では外枠だけのセットになります。

表面に見えている白いものはビニールで、防湿のためにかぶせてあります。

真ん中に溝がありますが、地中梁(ちちゅうばり)と言って、基礎をしっかり

固定するための更なる基礎です。

この地中梁は、その名の通り、地面の中に鉄筋で組んだハリを造り、基礎と基礎が

動かない様にするための物です。

これでさらに頑丈な基礎が出来上がります。

次はいよいよ鉄筋工事にかかります。

 

次はこちら   長泉町下長窪マイホーム注文住宅工事、いよいよ鉄筋(配筋)工事です。

 

1つ前はこちら 長泉町下長窪で、マイホーム注文住宅工事着工しました。

 

 

 

 

<スマホでご覧になった方は、ラインでお問合せください。

☟☟☟☟☟☟☟☟

LINEでお問い合わせ

 

 

 パソコンの場合は、こちらからお問い合わせください。

☟☟☟☟☟☟☟☟

https://www.reformhouse.jp/contact