LINEでお問合せ イベント情報 お問い合わせ

沼津市、三島市、裾野市、清水町周辺で増改築・リノベーションをお考えなら、イワサキホームへ。

スタッフブログ

お住まいの建具もイワサキホームにお任せ下さい!

こんにちは! リフォームハウスイワサキです。

私共では、地元沼津を中心に、三島、裾野、長泉、清水町、函南町、伊豆の国で安心安全大満足

リフォーム&屋根外壁外回り&新築住宅を施工していきます。

 

 

住宅には、色々な木製建具・木質系建具が使われています。

住まいは大きく分けて「和風」と「洋風」に分類されます。

 

例えば、今日では少なくなってしまった和室です。

布団からベッドに、食卓のお膳からダイニングへ、その生活様式が時代と共に畳様式から板の間(床に座らない)へと変わっていきました。

呼び名も畳敷だった茶の間から、板の間やカーペット敷のリビングやダイニングへと大きく変わっていきました。

その中でもやっぱり和室の畳は横になれる、やっぱり落ち着く、など今だに根強く、魅力もいっぱいです。

沼津市建具和室 沼津市障子建具

和室の建具

和室の入口や押入などに比較的多く使っている襖、窓サッシの内側の内障子。

襖の縁が昔ながらの漆黒調から、うるみ色にしたり、木肌そのままの白木にしたりと、表現も様々になってきました。

障子もいろいろあります。

例えば、和室の南側に縁側があってその境に障子が入っています。

この障子に細工があります。

座ったままの状態で、障子の下半分を上に上げる事が出来、透明ガラスが嵌まってる仕組みになっています。

従来普及型の障子でも、横桟を数多くした横繁タイプと、縦桟を数多くした縦繁タイプで、障子建具の演出で和室の雰囲気がガラっと変わり、大変お洒落になります。

 

洋室の建具

洋室入口のドアは、化粧合板の建具・塩ビシートを張った建具・塩ビクロスを張った建具などが多いです。

ドアノブにも流行があり、以前はドアノブを握って回す握り玉タイプでしたが、現在はレバーハンドルが主流となっています。

そして収納の建具も開き戸や引違い戸から、天井までの高さの折戸タイプが主流になっています。

三島市アパート建具 清水町建具

 

建具もイワサキホームにお任せください!

ご要望をお伺いし最良のご提案をさせていただきます。

沼津市バリアフリー建具

 

 

フリーダイヤル:0120-49-0225

 

スマホの方はラインでお問合せできます。

 

LINEでお問い合わせ

 

 

 パソコンの場合は、こちらからお問い合わせください。

https://www.reformhouse.jp/contact


月別アーカイブ