LINEでお問合せ イベント情報 お問い合わせ

現場日記

« 12月   2019年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
来店予約キャンペーン イベント情報 イワサキホーム

リノベーションを検討中の方

新築と中古リノベ どっちが良いの? 物件探しからはじめたい! インスぺクション 中古住宅リノベーションって?

長泉町 下長窪マイホーム新築注文住宅 エアコンのコア空けです

長泉町 下長窪マイホーム新築注文住宅 エアコンコア空けです  外壁にエアコンのダクトのコア空けです、16mmのサイディングは結構固いので、少し時間がかかります。

 

エアコンコア空けは、室内側からと外側から半分ずつ行います。

と言うのも片方からだけあけようとすると

最後に残った部分がうまく切れないので、ギザギザになったりしてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

長泉町 下長窪マイホーム新築注文住宅 エアコンコア穴です

 右側の穴がエアコンの穴で、左側がコンセントになります。

 

穴あけの位置は各エアコンの機種によって違うので、よく取付説明書を見てからでないとおさまりが悪くなるます。

また、右側や左側などエアコンによって穴の左右もあります。

 

 

 

 

 

長泉町 下長窪マイホーム新築注文住宅 エアコン室内機の中です

 エアコンの内部です、なかなか見ることはないと思うので、写真撮ってみました。

 

左側に冷媒管があります(断熱材が巻いてありますね)

この冷媒管やドレン(水を排出する管)を先ほどのコア(穴)に通して外部の室外機と連結させていきます。

 

 

 

 

 

 

長泉町 下長窪マイホーム新築注文住宅 エアコンのコア部分のカバーです

 コアの部分には、壁の厚みだけの長さに切った管を通します、その中に冷媒管が通ります。これは結露などで壁の中に水分が侵入しないためなどです。

 

ちょうどいい長さに切るのも、のこぎりではなく電動工具を使います。

どちらでもいいのですが、やはり電動は早いですね。

外部は特に水の侵入を防ぐために、管の周りにコーキングや粘土などを詰め込んでいきます。

 

 

 

長泉町 下長窪マイホーム新築注文住宅 クロス張です

 伸縮足場です、これで2倍の長さになるのです、持ち運ぶ時が短いと楽なんです。

 

天井クロス張時に、クロス職人さんが良く持っていますね、もちろん他の職人さんも最近では多く持っているようです。

クロス張とエアコン工事の準備は、大体同時に行う事が多くクロスが張れるとエアコン取付、電気照明取付などが始まっていきます。

 

 

 

長泉町 新築の注文住宅現場管理者の岩﨑です

 仕上げ工事に入ってきました、あと少しで完成ですね。

 

今回の長泉町新築住宅は2階建てのお家ですが、最近は平屋の住宅が結構人気です。

これから子育てをするお家では。子供部屋の事を考えたりすることが重要で、そうなると敷地の事も考えて2階建てを希望されます。

しかし、リタイヤした方の中には、長年住んだお家を大規模なリフォームをする方が多かったのですが、少しづつリフォームもいいけど小さい新築(平屋)もいいね!!と変わってきたようです。

この事はライフスタイルの変化の現れだと思いますね。

 

 

 

 

 

<スマホの方は、ラインでお問合せください。>

 

LINEでお問い合わせ

 

 

<パソコンの方は、こちらからお問い合わせください。>

https://www.reformhouse.jp/contact

 

 

次はこちらです   長泉町下長窪マイホーム新築工事

 

1つ前はこちらです 長泉町下長窪マイホーム注文住宅

 

これからも地元沼津を中心に、三島でリフォーム、裾野でリフォーム、長泉、清水町、函南町、伊豆の国、伊豆市、で安心安全大満足リフォーム&全面改装&新築住宅を施工していきます、お家の事でご相談はお気軽にご連絡ください。

 

平屋のお問い合わせもこちらまで!!

フリーダイヤル 0120-49-0225 まで。