LINEでお問合せ イベント情報 お問い合わせ

沼津市、清水町、三島市周辺で増改築・リノベーションをお考えなら、イワサキホームへ。

リフォームコラム

来店予約キャンペーン イベント情報 イワサキホーム

リノベーションを検討中の方

新築と中古リノベ どっちが良いの? 物件探しからはじめたい! インスぺクション 中古住宅リノベーションって?

キッチンリフォームを成功させるために知っておきたいこと

キッチンリフォームは、他の水廻りのリフォームに比べて失敗や後悔が多いのはご存知ですか?

形だけでも色々あって迷ってしまいますよね。 さらにリフォームに「絶対コレ!」ということがなく使う人によって正解は様々。
今回は、意外と難しいキッチンリフォームを知っていただき、満足していただく為にお悩みを少しずつ解消していきたいと思います。

みなさん、このような経験はありませんか?

 ■ 設備の一部だけ壊れた(換気扇、コンロ、水栓など)

 ■ 動線が悪い

 ■ 油などがこびりついてしまい、頑固な汚れが落ちない            など。

 

ですが、これが修理orリフォームを判断するのは難しいですよね。何度も修理をするのは高くついてしまう為、一度にリフォームした方が安くなる、なんてこともあります。

~キッチンの寿命とリフォームのタイミング~

まずは、設備の寿命目安をみていきましょう。
水栓、換気扇、食洗器、ガス給湯器などの耐久年数は、約10年程度。これらの不具合や故障がお悩みであれば、修理や交換で十分に対応可能です。まずはプロにご相談ください。
次にシステムキッチン。キッチンの寿命は、15年から20年と言われています。15年以上使用して、すぐに不具合が出てきてしまい、『全体を変えなくてはならない・・・』なんてことにもなってしまいます。この場合には、キッチンリフォームのタイミングかもしれません。

 

~キッチンの種類と費用や特徴について~

キッチンリフォーム時期に当てはまるという方、まず気になるのは「費用」だと思います。

ですが、キッチンの価格とは別に、他の費用が発生するかもしれない為、相場をお伝えするのはとても難しいものです。特に間取りを変更するリフォームには、費用が高くなることもあるからです。

キッチンの種類ごとに費用の目安や特徴をまとめてみました。

I型キッチン

  • 費用目安 : 40万円~100万円
  • 特   長 : 一般的な壁付けのキッチンです。狭いキッチンでも作業スペースを広く確保できます。

リーズナブルにリフォームしたい方にオススメです!

対面型キッチン

  • 費用目安 : 80万円~120万円
  • 特   長 : 家事をしながら子供の様子を見守ることができ、家族との時間を共有できます。

料理中も家族とのコミュニケーションを大切にしたい方にオススメです!

L型キッチン

  • 費用目安 : 90万円~200万円
  • 特   長 : 作業スペースの導線が短く、使い勝手のいいキッチンです。しかし、壁側の作業スペースがある分、I型キッチンに比べると床面積は少なくなります。レイアウトには十分注意してから設置されることをお勧めします。

使い勝手、動線重視の方にオススメです!

アイランド型キッチン

  • 費用目安 : 150万円~350万円
  • 特   長 : 独立タイプのキッチンです。どこからでも出入りしやすく、インテリアのようにオシャレでかっこよく、対面型同様に、家族の様子をキッチンからも見守ることができます。

スタイリッシュなキッチンに憧れを持つ方にオススメです!

 

~リフォームの優先順位と気を付ける4つのこと~

これは、どの箇所のリフォームでも共通して言えることですが、リフォームは叶えたいことが次々に出てきますよね。しかし、全部を叶えようとすると見積金額にビックリ!もう、『どこを調整したらいいのか解らない!』なんてことになってしまいます。なので、まずは優先順位をつけてみましょう。
「少しでも安く、新しいキッチンにしたい!」という方は、間取りを変えず新しいキッチンに交換するだけで、きっと満足度が高くなるはずです。逆に、今より「キッチンの動線を良くしたい!収納を充実させたい!」と言った希望が優先される場合には、間取りを変更することがありますよね。または、お料理好きで、オーブンなどの機能が充実した設備にしたいという方は、間取りよりもキッチンの選び方が重要になってきます。
このように、あなたが重要!と思う部分によって、最適なキッチンはそれぞれ変わってきます。

これを大きくまとめると、キッチンリフォームの要望は4つになります。

 1. 費用を抑えてリフォームしたい

 2. 設備を充実させたい

 3. 収納を増やしたい

 4. 間取りごと変えて動線を大事にしたい

まずは、この4つに優先順位をつけてみてください。その際、現在の不便な点も整理しておけば、リフォーム会社もあなたにピッタリなキッチンを提案してくれるはずです。リフォームの目的に優先順位をつけたら理想のキッチンはもう目前!

最後に、うっかり忘れがちなキッチンリフォームの落とし穴を紹介します。

 

落とし穴あるある①


高さが合わない!

今お使いのキッチンで腰痛などはありませんか?新築時に高さを計算してから作った方は大丈夫だと思いますが、中古にお住まいの方や測らず選んだ方は、もしかしたらこれが原因かもしれません。キッチンの高さは、「身長÷2+5 cm」が目安です。一度測ってみてください。(厚手のスリッパを履いている方は、スリッパの高さも考慮してくださいね。)

落とし穴あるある②

通路でぶつかる!

もし対面キッチンなら、後ろにカウンターや冷蔵庫などがありますよね?その通路幅は意外と見落としがちなのです。あなたが一人でキッチンに立つという場合は、幅は90cm~110cmが理想ですが、二人以上がキッチンに立つという場合には、幅を120cm以上確保することが大切になってきます。

落とし穴あるある③


調理スペースが狭い!

意外と見落とす調理スペース。設備を充実させすぎて、調理スペースが狭い!なんてことにならないように、最低でも50cmは確保したいものです。また、スペースはしっかり確保したのに、調理器具の置き場所を忘れ、スペースが狭くなった、なんて話もあります。電子レンジやコーヒーメーカー、ケトルなど、キッチン家電は意外と多い為、収納スペースや必要箇所をしっかり考えることが大切です!

落とし穴あるある④


収納が少ない!

キッチンの収納には後悔する人がとても多いのです。 リフォームの先輩が、『もっと収納を増やしたほうがいい』と思う場所はたくさんありますが、その中でもキッチンの収納が、第二位!!収納とは、家事をする人にとって大きく影響を与える場所の一つです。ストレスのない、使い勝手の良い場所にしたいものですね。