LINEでお問合せ イベント情報 お問い合わせ

沼津市、三島市、裾野市、清水町周辺で増改築・リノベーションをお考えなら、イワサキホームへ。

現場日記

« 3月   2019年12月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
来店予約キャンペーン イベント情報 イワサキホーム

リノベーションを検討中の方

新築と中古リノベ どっちが良いの? 物件探しからはじめたい! インスぺクション 中古住宅リノベーションって?

長泉町 下長窪新築注文住宅 全部見ればお家の事がすべてわかります

長泉町 下長窪マイホーム新築注文住宅  ブロック補修新規ブロックが完成しました、西側の途中からの補修も含めて完成です。

 

内側には少し見えますが、砕石を敷きつめてあります

砕石の下には防草シートを敷いてあるので、できる限り雑草が生えてこないようにしてあります。

 

 

 

 

 

 

長泉町 下長窪マイホーム新築注文住宅  ブロック補修完成 反対側から見たブロックです、5段積みで途中からの補修も完璧です。

 

内側からの土圧により少し傾きがありました、そして鉄筋がさびて来て内部爆裂を起こし、ブロックがひび割れていました。

強度不足の為に途中からやり直したのですが、なかなかうまく納まっていますね。

 

 

 

 

長泉町 下長窪マイホーム新築注文住宅  コンクリート打ち砕石敷 ブロックの内側にはこの砕石を敷きつめます、大きさにより号数が決まっています。

 

ダンプにのっている砕石! 一輪車=通称ネコで運びます、もちろん手作業で敷きつめていくのですが、結構大変な作業です。

一般の方でも砕石を扱っているところに行けば買えるし運んでもらえますが、敷きつめるのがかなりきつい作業になる事を覚悟しておいてくださいね。

 

 

 

長泉町 下長窪マイホーム新築注文住宅  砕石敷 このように隣地との境界に砕石を敷くのですが、これは雨が落ちてきたときに跳ね返りを少なくする為もあります。

 

土のままだと雨の跳ね返りの為に壁が泥だらけになって汚れてしまうのです、また、昔は砂利を敷くことで、そこを歩くと音がするので泥棒除けとしても役割がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長泉町 下長窪マイホーム新築注文住宅  溝に砕石敷

 こんな感じでコンクリートの溝=これはデザインにもなりますが、実はコンクリートは割れるので2~4mごとに縁を切らなければならないのです。

 

もちろん仕切らなくてもいいのですが、そうするといろいろな部分=予期しない部分でひび割れが出て来てしまうのです、それを防ぐため、あらかじめこの部分を最初からカットしておけば、他の部分に出来る限りひび割れが起きなくなるのです。

 

 

 

長泉町 下長窪マイホーム新築注文住宅  南側束石

 これは南側のウッドデッキを作っています、その基礎=束石(つかいし)を設置しているところです。

ウッドデッキがあると、天気の良いお休みの日にはそこでコーヒーを飲みながら日向ぼっこ!!いいですね。

完成まで楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

長泉町 下長窪マイホーム新築注文住宅  西側砕石敷 こんな感じで砕石敷です、もちろんコンクリート部分や土の部分を残してあります。

 

土の部分はミニガーデニングを楽しめますね、コンクリート部分は駐車場がメインです。

 

 

 

 

 

 

 

長泉町 下長窪マイホーム新築注文住宅  溝に砕石敷 コンクリートの分割をした部分に砕石を敷いてあります、この部分は色付きの石や、芝生を植える方もいます。

 

もちろん雨水が流れるように勾配も取ってありますので、水たまりになる事はありません。

 

 

 

 

 

 

 

長泉町 下長窪マイホーム新築注文住宅  駐車場コンクリート

こんな感じで数か所溝を作りコンクリートの割れを防ぎます。

 

ただの溝ではないのです、そういえばコンクリート住宅の外部の壁も仕切りがありますね、そこにシーリング=コーキングを打ってあります、これもわざとそこを仕切って、他の部分にひび割れが行かないようにしているのです。